東大受験の併願校の選び方|私立、センター利用、後期の出願は?理系

東大受験併願校
勉強法

こんにちは。

ポンさんです!

東大志望の皆さん!出願する大学、学部は決まりましたか?

現役東大生はどんな風に併願校を決めていたのでしょうか。

また、その対策はどれほどしていたのかについてポンさん、ネズ美の経験をお伝えします。

この記事が、出願校を選ぶ参考になれば嬉しいです!

二人とも理系なのはすみません。

ちなみにレベルとしては合格ボーダー付近の方向けです。

ポンさん、ネズ美のセンター利用、私立一般、後期の出願校は?

まずはポンさんの出願した大学を紹介します。
ポンさんの出願校

次はネズ美。
ネズ美の出願校

東大に落ちたら再チャレンジ(浪人)するなら!

東大じゃなきゃ行かない、第一志望は譲らない!という人。

その場合は東大しか受けない、と言うのもアリだと思います。

入学してみると東大しか受験しなかった人、は結構たくさんいます。

センター利用だけ出してセンターの出来を確認する、なんて人もいますね。

ポン三
どうせ受かるから他の大学を受ける必要がない、という強気な人も多いんです。

実際は、現役生で落ちたら浪人する、だから今年は東大受験に全力を注ぐ!

といって他の大学を受けない人が多い気がします。

東大以外眼中に無くても、早慶は受験するべき!

東大以外は行かない、それでも早慶を受けておいた方がいい理由が二つあります。

  • 試験会場の雰囲気に慣れておく。
  • 他の東大受験生の多くが受けている試験を経験しておく。

一つ目は、特に現役生にとって非常に大切です。

受験のため上京してきた高校生は、その人の多さにまず圧倒されビビります。

早稲田、慶応と二つも受けておけばそれも慣れますから、東大受験の頃にはもう大丈夫でしょう。

一方、浪人生は試験会場の雰囲気には慣れまくっているので、その点はあまり重要ではないでしょう。

ポン三
東大以外は東大模試同様、練習試合に過ぎませんしね。

なので、二つ目の点が特に大事だと自分では思っています。

早慶で出題された問題と似た問題が東大入試本番で出ると、早慶を受験した人が有利になってしまう可能性があります。

東大の合格ボーダー付近の多くの人が早慶も受験していることでしょう。

早慶の入試後に該当範囲を復習した人、または復習しなくても試験時に一度考えたりするだけで、頭に印象が残り東大入試で有利に働く事があり得ます。

特に理科数学ですね。

英語はあまり関係ないでしょう。笑

僕は早慶を受験しなかったがために、その不幸に合うのが嫌だったので、一応二つとも試験を受けてきました。

早慶の入試対策にかけた時間は?入学金はどうする?

上記のような理由で、早慶の受験を決めたので対策はほとんどしませんでした。

ポン三
その分の時間を東大入試対策に注ぎました。

慶応は試験当日の朝の電車内で初めて過去問をみました。

主に、問題形式を確認する目的です。

大問はいくつあって、一問あたりかけていい時間はどれくらいか、マークなのか筆記なのか、などは確認しておきたいですね。

結構特徴があるのでそれくらいは前もってみておきましょう。

入学金については、入れませんでした。

行くつもりがないなら、入れる必要はありませんね。

ポン三
早稲田については一度も受からなかったので迷う必要はありませんでした。笑

東大に落ちたら他大学へ進学する可能性もある人!

東大に行きたいけど、浪人はできないという人。

文系学部も視野に入れるかどうかなどで受験校は大きく変わります。

東大受験生の出願校の選び方と例、勉強時間

「東大が第一志望だから、併願校はよく考えずにとりあえず早慶にする。」

これをやってしまうと、不本意な受験結果になってしまう可能性があります。

東大に行きたいのだから、落ちたときの保険のことなど真剣に考えたくないのは分かります。

受験校を選ぶ際のポイントはこの二つです。

  • 大学ブランドを選ぶか?
  • 学科ややりたいことを選ぶか?

あなたはどちらを重視しますか?

例えば、早慶や東大にも比較的入りやすい学部というのは存在します。

そういった学部は、同大学内ではいじられる対象となったり、キャンパスの立地が悪かったりと微妙な部分もあります。

それでもなお、大学ブランドをあなたが羨ましく思うなら、上位大学の比較的入りやすい学部を受けておくのが良いでしょう。

また、その際センター利用を有効活用するべきです。

早稲田政治経済などは、その難易度トップとして有名ですよね。

理系でも上位大学の文系学科をセンター利用で受験する事ができます。

ポン三
また、慶応経済は知名度も高くモテるので理系受験生にも人気があります。

逆に特に、早慶ブランド重視でない場合は下のような大学を受けておくのが良いかと思います。

早稲田理工 2月16日
慶応理工 2月12日
慶応経済 2月13日
明治理工 2月7日
理科大B方式 2月3日〜9日
上智大学理工 2月8日

 

レベルにそれほど自信がない人は、下の三つを全て受験しておいた方が無難でしょう。

そこそこ自信があれば、ここからいくつかの大学を選べばいいと思います。

ポン三
東大対策の時間もできるだけ削りたくないですしね!

その際、日程に注意してください。

つまり過ぎていると、対策する時間が取れません。

また、慶応経済は完全に好みです。笑

最後に勉強時間に関してです。

1日の中で私立一般の勉強がメインになる日は、試験前4日くらいが目安だと思います。

後期の受験校は私立の合格状況と場所とお金で選ぶ

私立と国立では授業料が違いますから、そこが大きなポイントでしょう。

お金の関係でどうしても国立に行きたい人は、絶対に受かりそうな大学に出願するべきです。

その場合、私立はほとんど受験せず国立の対策に時間を使ったほうがいいでしょう。

横浜国立や一ツ橋などは東大落ちが集まるので避けたほうが無難です。

一方で私立まで視野に入れて併願校を組み合わせる場合は、後期の受験校はチャレンジでもいいでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。