東大現代文で思考力を鍛える|過去問解説を超える受験生必読の参考書

東大現代文で思考力を鍛える|過去問解説を超える受験生必読の参考書
受験・勉強法

こんにちは!ネズ美です。
今日は最近読んだ『東大現代文で思考力を鍛える(出口汪)』という本について内容や感想を。

ネズ美
大学生や社会人にもオススメしたい、私の中でのヒットでした!


東大現代文で思考力を鍛える

”「東大」と聞けば、政治家や官僚などを思い浮かべるかもしれない。だがそんな「東大」が入試問題で受験生に提示する問題文はどれも「反権力・半常識」の主張が根底にあり、私たちの固定観念に揺さぶりをかけるものばかりである。”(本文より)

東大現代文に秘められたものをちょっと知ってみたくありませんか?

『東大現代文で思考力を鍛える』はどんな本?参考書なの?難しい?

東大現代文で思考力を鍛える!過去問12年分の解説

まずは『東大現代文で思考力を鍛える』がどんな本なのか、ざっくり説明していきたいと思います!

東大現代文の過去問12年分を使って、思考力を鍛えられる

この本では、東大の過去問を題材に構成されています。

入試問題文→解説→”問い”の解法と解答例

という流れで12年分が掲載されています。

※「”問い”の解法と解答例」と書きましたが、入試で出題されたすべての問いが載っているわけではなく、文章全体のキーとなる問いがそれぞれ1つずつ厳選されて紹介されています。

the参考書という体裁にはなっておらず、読み物的な印象を受けると思います。

当然ですが、選ばれているテーマや主張の質は相当高く、そんな評論文を解説付きで読み進めていくことのできる魅力的な本なのです!

著者は東進の出口先生!国語が苦手な理系でも分かりやすい説明

『東大現代文で思考力を鍛える』の著者は東進ハイスクールカリスマ講師、出口汪先生です。

難しい東大現代文の文章を、私たちのような理系にも分かりやすく解説してくれているのもこの本の大きな特徴です!

ネズ美
東大現代文の過去問の読解力が必要な難易度高めの文章も、この解説を読めば必ず理解できます!

東大現代文で思考力を鍛える|予備校に行かない独学受験生は必読!

東大現代文の勉強にオススメの参考書・本
東大を受験する前に読んでおけたらもっと良かった(T^T)
と感じた理由を3つお話します。

理由①過去問に出題された文章の解説&良問の解答が役に立つ

受験生時代、赤本を解いていて、解答を読んでも「イマイチ文章を理解できている気がしないな…」と思うことが多々ありました。

現代文の入試対策は、問題を解いたあとの解説や添削で大きく効果が変わると思いますが、独学で過去問をやっていると中々ステキな解説に巡り合うことができません…

この本は、過去問を自分で解いた後に読むと、よく分からなかった箇所も分かりやすく説明させているので、過去問演習をしていて私のように感じている受験生にはピッタリなのです。

理由②現代文の入試頻出・重要単語を分かりやすく解説してくれる

受験生が読むべき2つ目の理由は、現代文入試で頻出の、評論文重要単語を随所で説明してくださっているということです。

  • 対象化とは?
  • 西洋人と日本人の自然観の違いは?
  • 情報化社会の中で消える近代とは?

私達の知見を広げてくれるのはもちろん、知っておくと今後評論文に取り組む際に楽になりそうな重要用語や概念ばかりがピックアップされています!

ネズ美
私自身、浪人時予備校に入って習ったものと被るものが沢山あり、現役時代に読んでおきたかったと強く思いました。

予備校に行くと講習でも2,3万円かかってしまいますが、この本は1000円程度で12年分…圧倒的にお得です(笑)

理由③東大現代文で頻出のテーマ・特徴が分かる

ポン三
この本は現代文の問題の解き方やコツ、いわゆるテクニックなどを伝える文章ではありません。

東大受験生にとってこの本を読む大きなメリットとなるのは、評論文で頻出のテーマや、東大入試の特徴を知れるという点です。

ネズ美
東大の問題文選びの嗜好が紹介されているからです。

しばらく東大現代文の過去問をやっていると、反常識的なものや逆説的な文章が多いなーと感じている人は多いかもしれませんが、この本でも身体論や芸術論、ポストモダンなどがよく出るテーマについて解説してくれています。

どのテーマも読んでいておもしろいので、他の科目の勉強の合間に、休憩として読んでも良いかもしれません。

ネズ美
特に、2010年第1問のポストプライバシーの文章は(10年弱前の出典であるにも関わらず)今でも色あせるどころか、Instagramや機械学習の流行る今の社会をより強く刺激するような文章でした!ぜひ読んでほしいです!

東大現代文で思考力を鍛える|大学生や社会人の大人にもオススメの理由とは?

東大現代文の過去問で思考力を鍛えたい大学生や社会人にも
この本を東大受験生以外の方にもオススメする理由は、普通に本として内容がおもしろいからです。

筆者は「現代の英知が一冊につまっている」と表現していますが、それは大げさでもなんでもなく、読んだ後には知的な満足感にひたることができます。

もちろん文章はどれも容易なものではなく、ちょうどよく難解で、大人でも読解力や考える力を鍛えることができると思います。

ネズ美
各文章には東大入試の問題もついていますから、自分の理解度を試してみたりするのも楽しいかもしれません。

 

例えば、「論理」とは同じことを繰り返すことである、という大胆な主張や、化学や近代文明の全面否定をするような文章はいずれも今までに見たことのない角度から世界を見る視点を与えてくれるものでした!

ポン三
日本の科学力において重要な位置を占める大学という機関が、しかも東京大学がその文章をだすのがまたおもしろいですよね。


東大現代文で思考力を鍛える[ 楽天で見る ]


東大現代文で思考力を鍛える[ Amazonで見る ]

気になった方はぜひ読んでみてくださいねー(^^)
出典についてのコラムも読んでみるとおもしろいですよ。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。