本郷三丁目の肉丼専門店「にくふじ」が美味い!海鮮丼「丼丸」閉店

にくふじ本郷三丁目肉丼専門店
カフェ・ご飯

こんにちは!

ポンさんです。

今日は悲しいお知らせと嬉しいお知らせがあります。

海鮮丼「丼丸」本郷三丁目が閉店

まずは、悲しいお知らせから。

みんなが大好きな海鮮丼のお店「丼丸」がなくなっていたんです(´・_・`)

ネギトロの質が悪くなっていたり、値上げしてきたり、

「最近どうしちまったんだ?」

と感じていた矢先の出来事です。

ポン三
大学の昼休みに自転車をせっせと漕いで、大好きなサーモンネギトロを買いに来ていたのが懐かしい。

もう丼丸に行きたくなったら根津まで行くしかないです。

ネズ美
もう一店舗あるんかーい!!

実は、東大周りにはもともと本郷と根津に二店舗あったんです。

農学部の場合は、根津の方が近いかも知れません。

本郷の肉丼専門店にくふじは実に美味い

にくふじTOKYO-X豚丼
そして嬉しいお知らせは肉丼のにくふじが結構美味いという話。

この写真は、TOKYO-X豚丼(900円)という数量限定丼です。

美味いのかも知れないけど、900円はちょっと高くない?って思いませんか?

その秘密はこのあと話します。

さらにさらにローストビーフ丼は500円(税抜き)。

ほぼワンコインで美味しいローストビーフ丼が食べられるのも「にくふじ」をオススメする理由の一つです。

「にくふじ」で一度は食べておきたいTOKYO-X豚丼

そもそもTOKYO-X豚丼って、なんてネーミングセンスなんだ。

って感じですよね。

僕も知らなかったんですが、「TOKYO-X」というのは豚の銘柄だったんです。

全国的にも有名な黒豚にも負けないほどに良質であると、かなり人気が高いみたいです。

TOKYO-Xとは?

鹿児島の黒豚「バークシャー種」、猪のような肉質の「北京黒豚」、「デュロック種」の掛け合わせ。

それぞれ、脂肪の質と味が良い、筋繊維が細かく肉質が良い、脂肪交雑が良い、という特徴がある。

7年間かけて開発された。

経済効率を優先するのではなく、動物の健康に配慮して肉のおいしさと安全性にこだわっている。

一部のデパチカで取り扱っている様ですが、すぐに売り切れてしまう程の人気みたいです。

ポン三
ここまで知ると、TOKYO-Xの豚丼食べてみたいと思いませんか?

一度食べておいて損はないと思います!

持ち帰りオンリーなので東大生はぜひお昼ご飯に!

にくふじ外観
注意していただきたいのは、持ち帰りのみになっている点です。

イートインはできませんので、持ち帰っても食べる場所がない人にはオススメできません。

逆に東京大学に用がある方、東大生には大変便利でしょう。

本郷三丁目付近でのランチは非常に混雑するため、時間帯を前後にずらさないとスムーズに食事を取れません。

その点、持ち帰りのみの「にくふじ」は待ってもそれほどたいした時間にはなりません。

ぜひ活用してください。

にくふじのメニュー

にくふじメニュー
こちらが「にくふじ」のメニューになっています。

TOKYO-X豚丼だけが数量限定になっています。

お店側のオススメとしては、TOKYO-X豚丼ローストビーフ丼が挙げられています。

また日替わりメニューが、600円で用意されているのでこちらもチェックしてみてください。

にくふじの営業時間・アクセス

にくふじ場所
営業時間は11:00~20:00になっています。

場所は丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩3分程です。

にくふじ看板

この様な看板が置いてあるのですぐに分かると思いますよ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。