大学受験の勉強に疲れた、辛い、やる気が出ない時のモチベの上げ方

勉強辛いモチベ上げ方
勉強法

こんにちは!

ポンさんです。

受験勉強のやる気が出ない時、どーしてますか?

ポンさん流のモチベーションを上げる方法をお伝えします。

大学受験の勉強に疲れた、辛い、やる気が出ない原因と対策

勉強に集中できない原因は大きく分けて二つあると思います!笑

何とかモチベ上げていきましょう!

やる気が出ない原因①受験勉強が辛い、プレッシャーが大きい

誰だって、大学受験のような大きな試験が近づくと気が重くなりますよね。

親や友達からのプレッシャー。

「みんな受かって俺だけ落ちたら嫌だな。」

「他の大学には行きたくないから絶対に受かるぞ。」

「こんなに頑張っているのに、なんでヘラヘラしてるあいつの方が模試の点数がいいんだ?」

そんな気持ちが強ければ強いほど、上手く勉強が進んでいないと辛くなりますよね。

僕だって受験生時代辛くなることはありました。

そんな時に気持ちを落ち着かせるのにいつもしていた事があります。

勉強モチベの上げ方①ランニングという苦痛を与える

辛くなった気持ちをスッキリ解決する方法、それはランニングです。

ウソだろ!そんな余裕ないよ!

って人がほとんどだと思います。

勉強が順調だったらそんなに辛くなりませんから。笑

受験生時代に運動する人ってなかなかいないですよね。

浪人生だったらなおさら!

ポン三
そんな時間あったら勉強した方がいいって思うでしょう。

でも、どうせ勉強が思うように進んでいないんだったらランニング試してみてください。

10分とか15分でいいんです。

なぜあんなに効果があったのかポン三流に分析してみます。

たぶん、心理的苦痛より身体的苦痛の方が大きいからなんですよ。

頑張って走ってなくても、まだまだ余裕があっても、それでも机の上で色々考えていたときより全然きついんですよ。

なんだよ、こんなにテキトーに走ってる方がキツイのかよ!

って実感すると、走り終わった時はスッキリしてるんですよ。

あー、助かった助かった。笑

将来への不安で今を頑張れない、ってのが何だかおかしいって実感できるんですよね。

走ってる時は身体が辛くなって辞めたいと思ってる。

でも走り終わって机に向かって座っていると、楽なんですよ。

まだ何も辛いことが起きてない事を実感できるんです。

受験はこれからですからね!

今できることは頑張ることだって頭と身体で理解できるのでモチベも上がります。

ポン三
自分がバカなだけかと思っていたんですが、調べてみると科学的な根拠もありました!

ランニングをすると、エンドルフィンという神経伝達物質が分泌されます。

エンドルフィンは脳内麻薬とも言われており、ストレスや疲労感を麻痺させ、多幸感をもたらす作用を持ちます。

麻薬といっても体の中で自然に作られるものなので害はありませんよ。

だいたい15分程度のランニングで脳から分泌され、運動強度は強い必要はありません。

理にかなっていないと嫌なあなたも、これでランニングを試してみる気になったでしょうか?

やる気が出ない原因②他の事がしたい、気になる

勉強よりやりたい事があるんだ!って人も多いでしょう。

これは2パターンあるような気がします。

  • 本当にそれがやりたいだけ。
  • 勉強から逃げたいだけ。

勉強から逃げたいだけ。

の場合は、今のやりたい事をやっても次のやりたい事が新しく生まれてきてしまいます。

あなたはどっちですか?

勉強モチベの上げ方②勉強より大切な事を優先する

第一に考えてほしい事は、本当に勉強する必要があるのか?という事です。

受験生なら志望校があるのでしょうから明確ですよね。

そこに入ったら何ができるのか、どんないい事があるのか調べてモチベをあげましょう。

勉強する必要があると思ったら、こじつけでも何でもいいので勉強したくなる理由を探しましょう。

難しいのは中高生ですよね。

とりあえず勉強した方が良さそう、みたいな空気の中で嫌々やっていませんか。

その時は勉強する意味を感じられなくても、後々勉強していてよかったなと感じる事があります。

試験でいい点をとったら欲しい物を買って、とお母さんお父さんに頼んでみるのはどうでしょう?

ポン三
目標を持ってゲーム感覚でできたら一番いいと思います。

勉強の他にやりたい事がある場合、我慢した方がいいの?

最後にこれについての意見を言わせてください!

僕はやっちゃった方がいいと思います。

例えば、毎週みたいTV番組があるならみるべきです。

だってその方が幸せ度高くないですか?

時間がなくてできない、ってよく言いますが、限界まで頑張れている事はそんなにありません。

やりたい事とやるべき事、両方やれればそれが一番充実度が高いはずです。

やるべき事が大事でやらなければと思っていたら、どれだけ時間がなくてもどこかに食い込ませるはずです。

なのでやるべき事、つまり勉強する意味をこじつけでも何でも頑張ってみつける。

そしたら勉強モチベも上がります。

そして、やりたい事も諦めない。

このスタンスで頑張っていきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。