ホテルの宴会レストランバイトはきついがオススメ!体験談と仕事内容

ホテルの宴会レストランバイトはきついがオススメ!体験談と仕事内容
東大・大学生活

こんにちは。

ポンさんです!

レストランや、結婚披露宴、宴会場で料理を運んできてくれる人みた事ありますよね?

いわゆるウェイターの仕事を半年以上していた事があったのでその時の経験をお伝えします。

新しいバイトを考えている方の参考になれば、と思います。

ホテルの宴会レストラン配膳バイトのきつい、つらいエピソード

きつい、つらいと敬遠される事も多いバイトですが、経験してみると他のバイトと大差ありません。

というかむしろきつい事は少ないように思います。

ですが、最初の数ヶ月、仕事に慣れ上手く立ち回れるようになるまでは嫌になる事も多かったですね。

  • 指導、研修もままならないままに現場に出される。
  • 指導の連携が取れていない。
  • 人間的に未熟な人、頭の悪い人がいる。

主に上の3つについて話します。

また、基本的に経験が長くなるときつい、つらいことはだいぶ減ります。

きつい、つらい点①始めの頃の説明不足がひどい

指導、研修もままならないままに現場に出される。」についての話です。

僕の1度目の出勤日は、研修ということで説明を受けながら先輩について回りました。

会場準備や宴会でのサービスなど実際の業務内容を先輩がこなすのを間近でみて、合間の時間で皿の持ち方、お酒の注ぎ方をさらっと教わりました。

宴会場はいくつもあるので位置がよく分からず休憩後の再集合も迷子になりそうになり、宴会前のミーティングでは聞いたことのない単語ばかり出てきて内容が頭に入ってきません。

会場準備では初日にも関わらず、「君〇〇してー!」と叫ばれ、説明もないままに放り出される事もありました。

その日、自分が行ったのはビール注ぎと食事出しをいくつかでした。

宴会では使ったことのないトレーで食事を運ぶ事に。

飲食関係のバイト経験がなかったためトレーを持つのは初めてで、右手でお皿を置く時に左手のバランスを崩しお客様の背中に食事をぶちまけそうになりました。

めちゃくちゃ焦りました。

いきなり実践やるんだー、と驚いたのを覚えています。

2回目の出勤日では自分の面倒をみてくれる先輩なしで洋食コース料理のサービスをする事になりました。

全体ミーティングのみで個人的にアドバイスなど受ける事もなく、みんなは迎賓態勢に。

ちょっとどうすればいいか分からないよー、とマジで困ったのが懐かしいです。

隣の卓担当の方に初めてなので教えてください、ってお願いしました。

人に聞きにいかないと何も分からないんです。

片付けの際は、指示が知らない言葉ばかりで意味わからないんです。

グチみたいになってしまいましたが、最初の頃はマジでつらいですよ。

きつい、つらい点②人によって指導が異なる

指導の連携が取れていない。」についてです。

どのバイトでも起こり得る事ですが、結構しんどいですよね。

ホテル、現場によるところも大きい、という事は念頭において聞いてくださいね。

ある宴会で先輩に教わったことを後日別の宴会でやっていると、ツカツカ歩み寄ってきた指導係とか先輩が怖い顔で注意してくるんですよ。

それ違うよと。

前回の宴会で、こうやれと教わりました。

って言うと、「そんなこと言うわけない。誰に言われた?」

なんて問い詰められるんですよ。

僕も敵は増やしたくないので〇〇さんです。とは言えませんよ。笑

あとは誰かにやれと言われてしていた事を他の人に注意されたりと。

慣れるまではこんな事がよく起こります。

だんだん仕事がわかってくると無難な立ち回りを覚えるので、嫌な思いをする事も減ります。

また、自分の出来も良くなりますし知り合いも増えるので、ミスしない限りきつく言われる事もなくなりますね。

きつい、つらい点③当たり散らしてくる不機嫌ちゃんがいる

最後に「人間的に未熟な人、頭の悪い人がいる。」についてです。

すごい文句みたいになってしまいますが、特に女性に多かったです。

すんごいブスっとした顔で、「それは絶対やめてください。」って強い口調で言われたり。

イライラしてますオーラ全開なんですよね。

手伝いましょうか?と聞いたら無視、とか。

また、年配の女性に「そこにいろっつっただろ?」

とエグい顔で言われたり。

マジでうざかったのは、不登校みたいなインキャ女子です。(25歳くらいの)

食事を自分に渡す係なんですけど、目も合わせないで顎でこれ!みたいに示してくるんですよ。

まだ慣れてない時で、ちょっとしたミスをすると今度はイキナリタメ口で単語だけ発声してくるんですよ。

ボコボコにしてやろうかと思いました。笑

小学生の時の給食当番以来ですよ、あんなふざけた態度の女は。

何に頭きたかって、インキャな顔とかじゃなくて、根性がねじ曲がってるんですよ。

人のせいにしかできない、みたいな人種で。

自分が上に怒られてたみたいで新人に当たり散らしてくるんですよ。

自分のミスまで、こちら側のせいにして。

甘ちゃんとか民度低い奴がいるっていうのは、このバイトの大きなマイナスだと思いますよ。

頭が悪すぎて、本当の問題点をみずに誰かのせいだと本気で思い込んじゃってるんですよ。

さすがにしんどすぎです。

家庭教師とか、インターンとかちょっと学歴が関係してきそうなバイトやってた頃はそんな人間いなかったんでね。

ホテルの宴会レストラン配膳バイトのメリット、良いエピソード

マナーやサービス技術が身につく、というのは当たり前ですね。

例えば、上座がどっちでどう料理を出していくかや、単純に料理出し下げの技術は上がります。

ここでは、

  • 感動に立ち会え、素敵な出会いもある
  • コミュニケーション能力が高くなる

の2点についてエピソードとともに紹介します。

メリット、良い点①感動に立ち会え、素敵な出会いもある

いまさっき文句ばかり言っちゃったのでフォローもしておくと、それまで出会ったことがないレベルの素敵な人もたくさんいました。

従業員側の話ですよ。

尊敬するくらい笑顔で気がきいて、好きになっちゃうくらい。笑

数十年やってる年上の男性は、特に面倒見が良くていろいろ教えてくれる人が多かったです。

しんどいことあると翌日の出勤が嫌になりますが、次の日いざ行ってみると優しい先輩に出会えて心があったまる事も多かったです。

良い人もそうでない人もいますが、このバイトはその振れ幅が大きいなという印象でした。

感動に立ち会えるといえば、結婚披露宴です。

マジで感動します。

結婚披露宴自体プライベートでも経験がなく、仕事ではじめてだったのですが、感動して泣きそうになりました。

あんなに幸せな場に一緒にいれるという経験はこのバイトの良いところですね。

メリット、良い点②コミュニケーション能力が高くなる

ウェイターをしているとマナー立ち振る舞いに気を付けながら接客するので、一般的な会話能力はそれなりになります。

しかし、いつも決まった会話ばかりという訳ではありません。

お客さんが何か相談してきたり、何となく話しかけてきたりします。

悪い印象を持たれていないという事なのでありがたいですよね。

その時にお客さんに満足していただけるような対応ができるかが私たちの仕事としては大切になります。

「今のはこういう言い回しをしたほうが良かったのかな」、「今日の対応はこうした方が良かったかな」、などと感じることはいつもあります。

そうした体験の中で、改善を繰り返していくと次第にお客さんの真意をくみ取れるようになりサービスの質、コミュニケーション能力は向上していきます。

小さなアットホームな宴会になればなるほど、話しかけられたり、お願い事をされることが多くなります。

お客さんに気に入られて宴会の余興のクジを引かせていただいた事もありました。

頼られたり、話を振られたりすることは嬉しいですよね。

それだけ認められているという事なので。

こうしたお客さんとの関わりは、このバイトの楽しいところですね。

まとめ|ウェイター、ウェイトレスバイトは大学生におすすめ

キツイ事も良い事もあるバイトですが、社会人を目前にした大学生にはおすすめできるアルバイトだと思います。

マナーが学べ、キチッとした場面で大人の方と会話をする機会がたくさんあります。

仕事内容に関しても1日同じ事の繰り返し、ではないので時間もあっという間に過ぎます。

また業務内容とは少し離れますが、シフトが寛容な事が多く夜の遅い時間帯まで入れるため、大学生の生活スタイルにもマッチしています。

あなたも良かったらホテルで働いてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。