一人暮らし大学生必見!狭い1R/1K賃貸のお部屋を広く感じさせるコツ5つ

一人暮らし大学生必見!狭い1R/1K賃貸のお部屋を広く感じさせるコツ5つ
一人暮らし

こんにちは!ネズ美です。
今日は、一人暮らしの賃貸マンション/アパートを少しでも広く&快適に過ごすためのアイディアを5つ、ご紹介したいと思います。

ネズ美の一人暮らし系記事第4段です!

一人暮らしの工夫①大き目のミラーを置くor鏡を壁に貼る

賃貸インテリアの工夫①
最初のアイディアは、お部屋に大きめのミラーを置くこと。
これは思っていたよりも効果大で、部屋を広く、明るく見せてくれています。

大きいミラーを買うのはな…という方に提案したいのは、壁に貼るミラーステッカーの活用です!
ネットでもIKEAとかでも売っていますが、廊下などにも貼れて、賃貸でも貼ってはがせるのでこれはおすすめです!

ネズ美
私も玄関/廊下にやろうと計画しています!

一人暮らしの工夫②白い家具、家電で統一する

賃貸インテリアの工夫②
家具や家電を白で統一することは、は私のような狭いワンルームに住む人にとくにオススメです。

ネズ美
なんてったって冷蔵庫やレンジが寝室(というか1Rなのでリビングでもあるのですが笑)に出ているんですよ。

黒、シルバー、茶色…と色がたくさんあると、スッキリして見せるのが難しくなってしまいます。
冷蔵庫を選ぶとき、ミントグリーンやピンクのかわいいやつ、ブラックのかっこいいやつ、と沢山誘惑があったのですが、無印良品のシンプルでおしゃれな白(ファン式)にしてよかったと今では思っています!!

レンジはアマダナの白。これもお気に入りなんです!

(冷蔵庫もレンジも基本デザインで決めました…(笑))

一人暮らしの工夫③大きい収納家具を一つ置く

賃貸インテリアの工夫③
一人暮らしに限ったことではありませんが、インテリアを考えるとき、楽にスッキリくらしたいときの大きな課題が収納
私のおすすめの方針は、大きな収納家具を1点だけお部屋において、それに何もかも突っ込むこと!!(笑)

私の場合、上の写真の白いIKEAのキャビネット/引出しにほぼ全ての収納を頼っています。
文房具、洋服、化粧品、何から何までココ(笑)
整頓して収納して、「これに入らないなら何か捨てるか、買わない貰わない」がルールです。

棚や引出、ワードローブなどの家具をたくさん置くよりも部屋が広くなるのでぜひ!

一人暮らしの工夫④低めの家具(ベッド、ソファー、机など)で揃える

賃貸インテリアの工夫④
低めの家具でそろえてしまうと結構効果的にお部屋を広く見せてくれます!
お布団やちゃぶ台で生活している人はなおさら良いかもしれません!

私は掃除のしやすさや寒さ対策の面から、(カーペットの上に座る)床の生活はしていないのですが、
ベッドやソファー、テーブルは通常のものよりも低いモノを選びました!

ネズ美
目の高さに入ってくるものが少ないことで、お部屋は広々感じられます!

一人暮らしの工夫⑤出してあるモノは少なく定位置を決める。見せる収納をしない

賃貸インテリアの工夫⑤
最後は、地味ですがとっても大事なこと。
机や床にモノがたくさん出ていると、部屋はごちゃごちゃし狭く見えてしまいます。

ネズ美
収納が少ない一人暮らしの賃貸の家だと特に大変ですよね(^^;

見せる収納はセンスが大分試されるので、個人的にはモノの定位置を決めて、シマウ収納をおすすめします!
お掃除も楽ですし。

下の記事で収納の工夫やオススメグッズを紹介しています。

一人暮らしまとめ|収納が少ない極小物件でもインテリアを楽しもう

賃貸インテリアの工夫!一人暮らしの収納
都心で生活している大学生は特にだと思いますが、狭い賃貸って収納が少なくて大変ですよね…

今日挙げたいくつかのアイディアが一人暮らしをする方の参考になれば幸いです!
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

次回も一人暮らし関連の記事を書くので良かったらまた見に来てくださいねー✨

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。