簿記2級の独学受験記|最短で受かる勉強方法のコツを伝えたい

簿記二級独学勉強法
東大・大学生活

こんにちは。

ポン三です。

先日、簿記二級第150回の試験を受けてきました。

簿記二級受験票

(簿記三級は受験せずに二級からのチャレンジです。)

実際に受験してきた経験から、試験を終えた今考える最短合格法をお伝えしたいと思います。

この記事では、こんな疑問を解決します!

  • 何時間勉強すれば合格できる?
  • 勉強方法、コツが知りたい!
  • 勉強スケジュールのイメージを持ちたい!
  • いきなり2級を受験する際の勉強方法は?

簿記二級の受験、資格取得を考えている方の参考になればと思います。

気になる人のために、「何時間勉強すれば合格できる?」の質問にだけ最初に答えておきます。

簿記初心者でも正しいやり方で46時間やれば半分以上の確率で受かる、と僕なら答えます。

簿記二級の最短合格勉強法の見つけ方

人によって良いと感じる勉強法は様々です。

学習を始める前にいろいろな人の意見を聞き、その中で自分の勉強指針を定めていくと良いと思います。

僕は、簿記二級でやることの全体を一度掴んでから演習していくスタイルを勧めようと思っていますが、いきなり問題演習から入ることを進める方もいると思います。

目的は試験の問題を解き得点する事なので、一つずつ解ける問題を増やしていけば確実に合格に近づいていく事が出来ます。

そのため、いきなり演習する方法も効率的で良いと思います。

ただ、あるやり方で学んでしまえばそれ以外の方法で同じ内容を学ぶことは不可能です。

また、方法が違えば勉強する際に感じるストレスも違ってきます。

僕は今回、教科書を読んでから問題演習をするという学習方法をとってしまったので、あまりに違った方法について良し悪しを言うことは出来ません。

ここで紹介するのは、あくまで僕の経験を踏まえた上での僕流の最短合格勉強法です。

誰かの役に立てれば幸いです。

簿記二級の学習スケジュールを振り返っての反省点

僕の勉強スケジュールを紹介します。

他の人が具体的にどんな時間の使い方で勉強し、結果はどうだったかを知ることは参考になると思います。

いわゆる不合格体験記というやつですね。笑

(結果はまだ出ていませんが、多分落ちています。)

こちらが僕が実際に使用したテキストです。
簿記二級テキスト

ポン三
カラーでイラストなどが見やすいという事で『簿記の教科書』を選びました。

教科書三冊は全て読み終えました。

問題集の方の消化はイマイチです。

ちなみに三級用の問題集は解いていないです。

どれをどのくらい勉強したかの時間配分はこんな感じです。
簿記二級勉強時間 
合計すると46時間ですね。

簿記二級の試験は日曜の午後なので、午前中も勉強時間が稼げます。

試験当日、前日の土日で27時間も勉強しました。

木曜に大学の試験があり金曜に課題提出があったので、その反動で金曜の午後は睡眠に使ってしまいました。

そのため、土曜日の深夜0時スタートで猛勉強しましたね。

辛かったです。

ポン三
辛すぎてピザハット頼んじゃいました、、

問題集の前に教科書を読むメリットとデメリット

教科書を読むやり方は、問題集を解くことから始める方法に比べ何が良くて何が悪いのでしょうか。

問題集を解くことから始める方法というのはこんな感じです。

いきなり問題演習法意味が分からなくても量をこなしていくうちに、

  • 意味は分からないまま解く手順は覚えてしまう。
  • 断片的な知識が繋がって理解が深まる。

大学の試験などでは、いきなり問題演習法がハマる事が多々あります。

この方法と比べた時、先に教科書を読むことのメリットとデメリットはこれです!
メリットデメリット 簿記

 

 

一つ一つ説明が順序立てて積み重ねられていくので、すんなり理解できストレスが溜まりません。

さらに問題演習時は簿記二級全体のどこが問われているのか頭の中で整理する事が出来ます。

ポン三
なるほど!と、スイスイ読み進められますよ。

問題点はタラタラ勉強していると前回勉強分を忘れてしまうので、戻って読んだりと時間効率が悪くなる事です。

教科書読んでて問題演習の時間が取れませんでした、となってしまうと最悪です。

試験直前に過去問演習をはじめて思うように点数を取れないと本当ストレスフルですよ。

反省点①過去問や問題演習の圧倒的不足

ここからは僕の反省点です。

同じ過ちを犯さないように、十分注意してください。

まず一つ目の反省点は、過去問や問題演習の圧倒的不足です。

過去問をはじめて見て、そして解いたのが試験前日というのはさすがにナメすぎていました。

しかも結局、過去問を解いたのは1回分だけ。

あとは過去問集に載っていた厳選問題をできる限り解きました。

基本事項がしっかり理解できていれば当然問題も解けるはずだろうと焦らず教科書を読んでいたのですが、基本事項をしっかり理解するのは本当大変なんですね。笑

試験が明日に迫っているのに、問題がスムーズに解けなくて焦りました。

やはり問題を解かずに基礎が固まるはずがありませんでした。

自分の抜けは、問題を解いてはじめて気が付く、これを忘れないでください。

ある程度の理解ができたら、ひたすら過去問と問題演習をする事が大切です。

反省点②勉強内容の簿記二級全体における位置が把握できていない

今勉強しているところの立ち位置が分からないまま学習を進めてしまったために効率が悪くなったという節があります。

教科書を一気に読めればそんな風にはならないと思うのですが、大抵はそうはいかないですよね。

先に大枠を理解してから細かいところを勉強できるようにすれば良かったわけです。

ポン三
分かりやすく、具体的な話をしましょう。

いろんな店で食材を買っていると、これを買うならココが安いというのをだんだん覚えてきますよね。

  • 卵が安いのはAスーパー。
  • ほうれん草が安いのはBスーパー。
  • トマトが安いのはBスーパー。
  • ネギが安いのはAスーバー。
  • ピーマンがが安いのはBスーパー。

といったように。

僕は、これを買い物を重ねるうちに覚えていきました。

しかし引っ越してきた際に、隣に住んでるおばさんにこう言われたらどうでしょう?

ネズ美
野菜買うならBスーパーが安いわよ。例外はネギだけね。あれはAスーパーの方がお得だわ。

これを先に聞いておければ、それぞれ一回買って確かめるくらいでほぼ忘れないですよね。

伝わりましたかね?笑

ポン三
こういうおばさんに先に会っておきたいわけです!笑

このようなおばさんとなるべく、全くの初心者が簿記を学習する際のマップとなるようなまとめを現在作成中です。

簿記二級の独学のコツ!最短で受かる方法

これから勉強する人に本気でアドバイスするなら、といった内容です。

ポン三
ここが一番伝えたいとこ!!

最終到達目標は試験問題で得点できる事なので、必要な到達度を体感するためにも出来るだけ早い段階で過去問には目を通しておきたいです。

タイミングとしては解説を読んで意味が分かる程度実力の時が最適ですね。

簿記二級の全体がつかめてきたと思ったらもう過去問を見てみましょう。

このまま解いていく中で教科書で確認していくやり方で問題ないと感じればそのまま進めていきましょう。

途中でも言いましたが、学習スケジュールを立てる際には問題演習の中で抜けを埋めていくという基本的な考えを忘れないで下さい。

演習量は合格できるかどうかに直に効いてくる要素です。

教科書は日々の取引に関しての”仕訳”というものについて最初多くのページを割いていますが、これを細かく詰めるのは後でいいです。

一番大切なのは、財務諸表を作れるようになる事です。

ココまでの流れを早めに掴んでしまいましょう!

  • 決算整理で特有の仕訳をするのはなぜか。
  • 資産、負債、純資産、収益、費用といった簿記5要素の意味。

こういった大きな基礎をしっかり理解できている事が勉強効率に影響してきます。

ポン三
詳しいことは現在記事作成中です。

参考書やテキストは最新のものを選ぼう

簿記二級試験は実際の企業活動や会計実務で使えるようにと、最新のビジネススタイルの動向に即した試験になっています。

出題内容の見直しが頻繁に行われているので、最新のテキスト問題集を使用することをお勧めします。

僕が使用した参考書は以下4冊です。

>>>簿記の教科書3級をみる

>>>簿記の教科書2級「商業簿記」をみる

>>>簿記の教科書2級「工業簿記」をみる

>>>簿記の教科書2級「過去問集」をみる

また、『すっきり分かるシリーズ』も評判がいいのでのせておきます。

>>>『スッキリ分かる』簿記3級をみる

>>>『スッキリ分かる』簿記2級「商業簿記」をみる

>>>『スッキリ分かる』簿記2級「工業簿記」をみる

ポン三
簿記一級の勉強では『スッキリ分かる』を使用しようと思っています。

また、大学生は生協で買うと安いかもしれません。

僕の場合はキャンペーンで20%引きでした。

学習スケジュールの注意点は直前期

おそらくですが毎日コツコツ勉強できる人は少ないでしょう。

なのでできるだけまとまった時間を取り、一度に一つの話題については網羅的に勉強できるようにしましょう。

そして最も大事なのは直前期です。

あまり受験勉強に時間をかけたくない人ほど、この時期だけは時間をかけられるようにしたいのです。

記憶は時間がたっていないものほど強く覚えていられるので、全体をざっと復習したいんです。

コツコツやってきていないあなたには、このまとまった時間が必要になるはずです。笑

直前期はできるだけ他の予定を入れないようにしておきましょう。

学習始める前に確認!簿記二級試験の日程と申し込みの盲点

二級に合格した後はどうする予定ですか?

もし、次は一級を受けるというなら注意が必要です。

簿記試験は年に3回ありますが、一級は2月の試験がありません。

都合が悪い場合は、頑張って一気に一級にチャレンジしてしまうなり、もう試験一回分余裕を見て二級を受けるなり作戦を練り直しましょう。

もう一つ注意事項を!

申し込みの締め切りは商工会議所によって異なります。

自宅の最寄りの締め切りが終わってしまう前に出願するようにしましょう。

ポン三
ちなみに申し込みはネットでも出来ます。

独学の難易度は難しくない|合格率でビビるな

そこはもう分かってるよ、というあなた!

も逆に注意です、ナメすぎないで下さい。

私みたいになります。笑

簿記試験二級の合格率は11%や47%と幅がありますが、軽く半分以上は落ちるので一見すると大変な試験に感じます。

でも、合格者数をみて見ましょう!

1回の試験でだいたい1万人も受かるんですよ。

さらに簿記試験は年に3回も行われます。

しかも、申し込んだけど勉強が間に合わなかったから欠席しちゃえ、とか全然勉強しなかったけど試験だけ勿体無いから受けとこう、みたいな人もたくさんいるはずなんです。

そう考えると、まともに勉強すれば受かるのは簡単だという事が分かると思います。

ただ、まともに勉強できれば、というココが大事です!

ポン三
それでは頑張って下さい!!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。