アマゾンと楽天のビジネスモデル違い|物流が今後の明暗を分ける

Amazon v.s. 楽天
東大・大学生活

こんにちは!

ポン三です。

日本のネット通販といえばアマゾン楽天ですよね。

最近、楽天がAmazonに負けている系の記事をよく目にしますが実際はどうなんでしょう。

今回は、ビジネスモデルに注目してこの二つのサービスを比較していこうと思います。

アマゾンと楽天のビジネスモデルの違いとは?

利益の出し方が全く異なります。

アマゾンと楽天はお客さんが違うアマゾンのお客さん・・・消費者
楽天のお客さん  ・・・出店企業

楽天のお客さんは消費者じゃないの?

という疑問を持つ方もいるかと思います。

それぞれ詳しくみていきましょう。

アマゾンのビジネスモデル|消費者を最優先

amazonビジネスモデル
Amazonの主な収入源は消費者の商品購入です。

Amazonは卸業者やメーカーから大量に商品を仕入れます。

その商品はAmazonの倉庫で保存管理され、注文があると発送されます。

Amazonは消費者に商品を売り、それによって収益を上げているので消費者を第一に考えています。

消費者の買い物体験を向上させるために即日即時配達を追求し物流を整えることに力を入れています。

メリット

  • 大量に仕入れ、安くできる
  • 別の種類のものをまとめて発送できる

デメリット

  • 倉庫、在庫管理に費用がかかる
  • 物流網の構築に時間、お金がかかる

アマゾンのポイントは以下になります。

  • 商品の在庫を持ち、管理している
  • アマゾンが配送を手配する

楽天のビジネスモデル|出店企業を最優先

楽天 ビジネスモデル
楽天の主な収益源は店からの出店料です。

楽天市場で買い物する人の購入料金ではないのです。

商品を買う人の購入代金は出店企業に支払われます。

売買契約は、出店者⇔消費者間で直接締結されているのです。

楽天は、「楽天市場という、いろいろな物が売られている商店街のような場所に出店できますよ。」というサービスを企業向けに提供しているのです。

つまり、楽天の収入を左右するのは出店数ということになります。

できるだけ多くの企業に出品して欲しいわけですから、出品してくれる企業を最優先に考えますよね。

物流は基本的に消費者のためのサービスになるのでAmazonに比べ、楽天は物流に力を入れてきませんでした。

しかし、エンドユーザーである消費者がいなければ楽天市場は成り立たないので楽天も倉庫を持ったりと物流を強化してきています。

では、楽天のビジネスモデルのメリット、デメリットを考えましょう。

メリット

  • 出店業者を増やしやすい
  • 在庫を持たないのでリスクが少ない

デメリット

  • 注文数が多くても安く仕入れられない
  • 商品の種類が違えば、まとめられない

楽天のポイントは以下の二点です。

  • 商品の在庫を持たない
  • 出店企業が配送を手配する

アマゾンと楽天を支払いで比較する

支払いに関して見てみます。

アマゾンは消費者の支払いを管理しているのに対し、楽天は消費者が出品業者に直接支払いという方法をとっています。

楽天の場合はクレジットカード情報を知らない業者に教えなければならないことになります。

消費者目線でみると少し心配ですね。

サービス提供者側で考えると、アマゾンは消費者の購入行動が全て分かるのでその情報を様々なサービスに活かすことができます。

一方、楽天は支払いを管理しないのでコストを抑えることができます。

アマゾンと楽天の成長を物流で比較する

ここまで両サービスのビジネスモデルをみてきました。

楽天、アマゾンを比べるとコスト・設備投資の額が大きいのはアマゾンになります。

在庫を抱えるためには大量の商品を保管する倉庫が必要になりますし、倉庫への商品の出し入れの管理も大変になります。

そのため、サービスを拡大して行くのには時間がかかります。

一方、楽天は出店スペースを提供するだけのサービスなので物流、つまり商品の保存管理、発送の手配は出店企業に任せています。

このため、出店企業をどんどん増やすことのコストは大したことないので、成長スピードが早かったのです。

楽天が1990年代の最後から急成長と遂げられたのはこのためです。

しかし、その後物流が整備され、品揃えが増えてきたAmazonの追い上げが目立つようになりました。

価格では対抗するのが難しいので楽天は厳しい状況となっています。

物流の強い弱いは配達スピードだけの問題ではありません。

例えば、楽天で商品を買った場合、それぞれが別の店なのでもちろん別に発送されてしまい発送料が膨らむことになります。

また商品の保管方法、包装も出店者任せなので物流品質もまちまちです。

(Amazonでは、一つにまとめることが出来ますし物流品質も変わりません。)

物流が強いメリットは今後強く出てくると思われます。

ちなみに楽天も物流を強化しようと倉庫を持ったり、ドローン配達実験を行ったりしています。

ここまでAmazon優位のような紹介記事になってしまいましたが、ビジネスモデルが全く異なるためどちらが優れているか簡単にいうことはできません。

それに両社ともネット通販の他に様々な事業を行っています。

実際、今はAmazonの成長が著しいですが初期に楽天が活躍していたことも事実なのです。

最後に関連記事紹介です。

Amazon.comがいくつものビジネスを持っている話、日本でのAmazonPrimeの登録者数増加を狙っているなどの話から、AmazonPrimeに登録するなら今が得なのではないかという話をしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。